タイトルについて

作品から得られる思いや感覚を観る方が自由に捉え、想像や共鳴するのが一番自然なアートの楽しみ方でしょう。何かに惑わされることなく自由に観るのであればタイトルには「無題」が合うのかもしれません。 しかし手...

...

Galleryのお休みについて

新型コロナウイルス 感染拡大防止のための緊急事態宣言に基づき、ギャラリーの運営はお休み致します。再開は、ホームページ、およびInstagramでお知らせ致します。...